backtotop

練馬区の持家、不動産売却

この度3年のスパンで転勤が決まりました。練馬区に持家を所持していたので人に貸していこうかとも考えたのですが、仮に3年で帰って着た後に、ハウスキーピング等利用してきちんと家のリセットをかけたとしても、自分の家を人に貸した時点でもうそこには自分達の痕跡が全くないのではないか、それにより愛着ももうなくなっているのではないか、とマイナス要因ばかり考える様になりました。もうこれは転勤を機に不動産売却をしよう、身辺整理をして、ある意味裸一貫で勤務地へ出向こうと決意しました。幸い子供達がまだ未就児だった事も大きな要因です。この練馬区、自然環境はとてもいいです。東京23区にもまだこんなのんびりしたところがあるのだな、という位、自然豊かです。畑も多く、田園地帯が広がっています。言わずと知れた練馬大根が有名です。都心のアクセスも近すぎず遠すぎずで決して悪くありませんよ。

練馬では不動産売却も簡単にできる

練馬区は住宅地としてとても人気が高く、したがって不動産売却をするのも簡単です。募集をすればすぐに買い手が見つかりますから楽ですし、買い取り価格もかなり高めなのが嬉しいです。すぐに売れるということは、買うにしてもそれほど勇気が必要ないということになります。マイホームを購入してみてもいいですし、収益用途の物件を買ってみるのも悪くはないでしょう。不動産の動きが激しいので、見るたびに違う物件が目に飛び込んでくるはずです。もちろん、売り買いがしやすいというだけでなく、長く住むのにも適している地域です。周辺環境が優れているので、家族で生活していても不便なことがでにくいです。交通アクセスも素晴らしいですし、仕事をするにも学校に通うにもいい立地です。比較的治安もいい点が見逃せないポイントとなります。やはり住宅には安全が大事ですから、こういった地域は狙い目です。

練馬の不動産売却を資産運用のためにやるな

練馬は東京の23区の1つで日本の中では依然として繁盛している地域の1つであります。そこに不動産を有してて不要となった場合はもちろん不動産売却するに越したことはありません。しかしながらその不動産の売却は目的をはき違えてはなりません。最近の報道ではまるであたかも景気が回復傾向かのような一面が鮮明になっています。そして週刊誌やワイドショーなどでは2020年に東京でオリンピックが開催予定ということもありましてそれをさらにあおってるような兆候さえあります。ですが不動産の売却は資産運用のためにやってはなりません。資産運用のためとなると1円でも多く高い値段で売りたくなります。そうなるといつ売れば絶好のタイミングになるかと変な欲をかきたてられるようになります。しかしそのタイミングを逃すとバブルの崩壊のようにどんどん値段が下がって行きます。値段が下がり続けると回復を待とうとする欲が機能します。結果どんどん値が下がり続けて期待していたほどの値段にならなくなったと後悔しかねません。だから不動産の売却は資産運用のためでなく負債処理の目的で処理したほうが気持ち的にも楽になるし、売却もスムーズにいきやすくなるかもしれません。


Comments

There are no Comments

Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)